名入れカレンダーの印刷の後は…

印刷済カレンダー

こんにちは。過ごしやすくなりましたね。マスクをつけていても暑苦しくなく助かります。

先日ご紹介しました名入れ印刷。今日は、続きを「ひとりごと」です。
枚ずつめくりながら、ちゃりんこ1号機で名入れ印刷したカレンダー。
梱包待ちの間、工場の片隅でカレンダータワーになります。
圧倒的な迫力!整然とした美しさ!
カレンダータワーを眺める時、達成感でちょっと鼻の穴が膨らみます。

カレンダータワーの近くには、段ボールタワー。
印刷後、梱包してあった段ボールに戻していきます。

カレンダーを扱う時、呉服屋さんの気分になるんです。
持つ時は、利き手の右手で製本してある側をつかみ、左手でカレンダーを下から支えます。
大きくて重いカレンダーが折れたりしないように、お姫様抱っこみたいに持ちます。
その重みと質感が、たたんだ正絹の訪問着扱っているような気分にさせます。
少し優雅な気持ちになります。

まだまだ名入れ印刷はこれからが本番なので、腰に気を付けて頑張ります!

商品満足度 0