A2日本の心・富士山〜大山行男作品集〜 / TD-634

A2日本の心・富士山〜大山行男作品集〜の2022年カレンダーは、1部売りから名入れ印刷までお求めいただけます。自社工場完備で格安単納期を実現。

A2日本の心・富士山〜大山行男作品集〜カレンダーの説明

修験者のごとく山に籠り、富士山と対話し自己を見つめる写真家・大山行男。心震える雄大な自然美が広がります。千変万化-彩りの富士。こんな富士山見たことない。表情豊かな富士の姿に誰もが驚きを隠せません。日本の心・富士山。こんな富士山見たことない!富士山写真の第一人者、大山行男の作品集。20台半ばに富士山の魅力に取り憑かれ、富士山の麓に移り住み、富士だけを撮り始めた彼の作品は唯一無二の世界観を持ち、見るものを圧巻します。大きなサイズで思う存分五堪能下さい。

A2日本の心・富士山〜大山行男作品集〜カレンダーの特徴

  • ホルダー下にミシン目入り。
  • ホットメルト製本。
  • 六曜表示あり。
  • 通し元号入りでとても便利。
六曜
六曜は、暦注の一つで、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の6種の曜があります。日本では、暦の中でも有名な暦注の一つです。今日の日本においても影響力があり、「結婚式は大安がよい」「葬式は友引を避ける」など、主に冠婚葬祭などの儀式と結びついて使用されています。
通し元号
令和だけでなく、平成と昭和でも年号を表記しています。

A2日本の心・富士山〜大山行男作品集〜カレンダーの作者の紹介

大山行男
1952年神奈川県生まれ。19歳から全国を放浪しながら写真活動を開始。20代半ばに富士山の魅力に取り憑かれ、富士山を撮り始める。富士山の麓に移り住み、周辺の山々を歩き回って撮影を続ける。2009年に写真展」「日本の心 富士山展」を開催した。2015年よりタイムラプス撮影を始める。独自の作風・境地を追い求め、富士と向き合い続けている。

A2日本の心・富士山〜大山行男作品集〜カレンダーの作品の紹介

  • 表紙 五合目 奥庭より
  • 1月 三ツ峠より
  • 2月 田貫湖より
  • 3月 忍野村より
  • 4月 南アルプス・北岳より
  • 6月 甘利山より
  • 7月 櫛形山より
  • 8月 十里木高原より
  • 9月 山中湖村より
  • 10月 富士山上空より
  • 11月 箱根 乙女峠より
  • 11月 十里木高原より
商品満足度 0
商品規格
  • サイズ…A/2切・13枚 (608x425m/m)
  • 用紙…スーパーアートマット70.5kg
  • 梱包数(重量)…50部(23kg)
  • 名入れ印刷寸法…65×380m/m以内
  • 製本方法…紙
  • 六曜なし

[発売日]2021/03/11 暦やドットこむ

  • 【名入れカレンダー】
  • TD-634
  • 2022年(予約受付中)
  • 特価 自社印刷 数量割
  • 見積数

  • 【名入れ無しカレンダー】
  • TD-634
  • 2022年(予約受付中)
  • 販売価格 ¥2,000 (税込)
  • 注文数

自社印刷…自社工場にて名入のため中間マージン大幅カット!!

数量割…数量が増えれば増えるほど割り引きます!

レビューを書く

この商品のレビューを投稿する。

* が付いている欄は必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません